浅煎りコーヒーとは?まずい?特徴から淹れ方まで解説

浅煎りコーヒーってなんだろう?美味しいのかな?他の豆とはどう違うんだろう?

こんな疑問に答えます。

浅煎りコーヒーと言ってもどういった豆なのか想像できませんよね。味わいとか風味、特徴等よくわからないと思います。

そこで本記事では、浅煎りコーヒーについて特徴から淹れ方、おすすめの豆まで解説しています。ぜひ、本記事を読んで浅煎りコーヒーに関して知ってください!

目次

浅煎りコーヒーとは?

浅煎りコーヒーとは?

浅煎りコーヒーとは苦味が少なくて、酸味のある味わいのあるコーヒーです。

浅煎りコーヒーはその名前の通りですが、焙煎する度合いが浅いコーヒー豆のことを言います。焙煎が浅いため、カフェインやポリフェノールが成分として残っており、中煎り、深入りと比べると多く含まれています。

酸味やフルーティーな風味があるのも、焙煎時間が短いことで引き出せています。

浅煎りコーヒーの特徴

味わいフルーティー、酸味
苦味控えめ
焙煎時間 短い
口当たりやわらかい

深煎りコーヒーに関しては「深煎りコーヒーとは?特徴や淹れ方まで詳しく解説します!」にて詳しく説明していますので、参考にしてください。

また、中煎りコーヒーに関しては「中煎りコーヒーとは?特徴から淹れ方おすすめの豆を紹介!」で解説しています。コーヒーの知識を深めたい人はぜひ、ご一読ください。

浅煎りコーヒー淹れ方

コーヒーのお店を経営している川野さんが浅煎りコーヒーの淹れ方に関して解説していたので、参考になると思います。

コーヒー豆の蒸らし方と注ぎ方に関して以下で解説していきます!

蒸らし30秒

用意するお湯は準備しておいたコーヒー豆の量の16倍分が目安になります。設定温度は230°です。

  • 粉全体にお湯をかける
  • 直後にスプーンで混ぜる

直後に全体を混ぜてお湯を染み込ませるのは、準備しておいたコーヒー豆にダマを作りたくないからです。湿らせていない状態をつくるのは避けたいです。

30秒たったら注ぎの工程に行きましょう。

注ぎ

蒸らしから30秒経ったら、お湯を注いていきます。測りの上に置いた状態なので、その値が「コーヒー豆の量の16倍分」を目標値として注いでいきます。

注ぎを終える時間の目安は注ぎ終わりで2分以内、ポタポタ落ちきって3分以内。これを目標に注いでいきましょう。

注ぐ時は円を描くように淹れていきます。そのときに一度に注ぐ量、スピードを一定にするようにしましょう。

ポイント
  • 円を描くように注ぐ
  • 時間配分を気にする(終わりで2分以内、ポタポタ落ちきって3分以内)

浅煎りコーヒーおすすめ

浅煎りコーヒーおすすめ

インスタント

コーヒーをドリップするのが「めんどくさい」という方はインスタントコーヒーでも味わうことができます。

「ネスカフェ ゴールドブレンド」はフルーティーな味わいを楽しめることが売りの商品です。ブラックコーヒーでも飲みやすいそうです。

Amazonの評価も星4つとかなり高いです。口コミを見てみると、インスタントにしては香りも良いなど、味だけでなく香りの部分も評価されています。

インスタントコーヒーでも良いから浅煎りコーヒーを味わってみたいと言う人は、一度試してみてください!

浅煎りコーヒーはスタバやカルディでも買える

浅煎りコーヒーはスタバやカルディでも買える

ライトノートブレンド(スタバ)

Amazon評価
内容量250g
味わい酸味、軽やかなコク

ライトノートブレンドは柔らかな口当たりが特徴で、コーヒーの苦味が苦手という方でも美味しく飲むことができます。

発送される製品によってはクズ豆があるなど、状態が悪いものも混じっている場合があるそうです。しかし、豆を購入すると調子の悪い豆が少し入っていることだってあるので、そこまで問題ではないかと思います。

フローラルモカ(カルディ)

公式評価
内容量200g
味わい爽やかな酸味、口当たりや軽い

フローラルモカはカルディが販売している浅煎りコーヒーの1つです。

口コミを見てみると、豆の風味をしっかりと感じられるテイストになっており、牛乳と混ぜてもコーヒーの存在を感じられるほどらしいです。

酸味は強めで、時間が経つと酸化してしまい酸味が目立つようです。普段からカルディのコーヒーを飲んでみたいと思っている人はフローラルモカを買ってみると良いかも知れませんね。

浅煎りコーヒーを味わおう

浅煎りコーヒーを味わおう

浅煎りコーヒーは中煎りと深煎りとは違い、酸味やフルーティーな風味を味わえることが特徴です。

コーヒーは淹れ方や焙煎の度合いによって変わってくるので面白いですよね~

自分の中で好きなコーヒーを楽しんでいきましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる