朝にコーヒーを飲むことは避けるべき!?【体への影響を減らそう】

朝にコーヒーを飲むと体にどんな影響があるんだろう?体に悪いの?良いの?

こんな疑問に答えます。

コーヒーを飲むと血糖値が下がったり、腹痛が起こったりすることから朝にコーヒーを飲むことは体に悪影響があるのではないかと心配になる人もいるのではないでしょうか?

一方で朝にコーヒーを飲む「コーヒーダイエット」という言葉もあり、一体何が正しいのかよくわかりませんよね?そこでコーヒーに関して知識のある僕が解説していきます!

朝にコーヒーを飲むことがすでに習慣づけてしまっている人もいるかも知れませんが、本記事を通して朝に飲むことで体に及ぼす影響を知ってほしいです!

本記事の最後に体に優しいコーヒーも紹介しているので、気になる人は「こちら」をクリックして飛んでね!

目次

朝にコーヒー飲むことおきる体への影響

腹痛の原因

コーヒーで起こる腹痛

コーヒーの中にはカフェインやクロロゲン酸、タンニンなど胃腸を刺激する成分が多く含まれています。朝方に飲んでしまうことで、胃腸に刺激を与えた状態にしてしまいます。

朝は社会人の方は出勤、学生は通学があると思います。電車で通学、通勤している場合途中でお腹を下してしまってはとても大変な思いをしてしまいますよね!

お腹が弱くて心配になっている人は朝にコーヒーを飲むことを控えてみてください。

コーヒーで下痢を起こす原因に関しては、「コーヒーを飲んで下痢になる原因から対処法まで解説!【腹痛になりにくいコーヒーも紹介】」にて詳しく解説しているので、参考にしてくださいね!

コルチゾールの分泌を増加させる

カフェインを取ることで、体内で分泌させる「コルチゾール」を増加させてしまいます。

コルチゾールとは?

体内で分泌されるストレスホルモンのこと。

朝8時~9時に多く分泌させるホルモンでコーヒーに含まれるカフェインを摂取することで分泌を加速させてしまいます。

コルチゾールが多く分泌されてしまうと、うつ病や記憶力、集中力に問題をおよぼしてしまうため、多く分泌させてしまうと体や精神的にダメージが大きくなってしまいます。

うつ病のリスクは高くしたくないね…

血糖値が上昇

コーヒーは血糖値を抑えるインスリンの働きを制限してしまいます。

カフェインは中枢神経を刺激してしまうので、アドレナリンが分泌されます。アドレナリンとカフェインによってインスリンの働きも制限されてしまうので血糖値が上がり易くなってしまいます。

血糖が上昇する影響

糖尿病、心筋梗塞、肝硬変と言った病気にかかるリスクが高くなってしまう。

血糖値が上昇することで様々な重い病気へとつながってしまうので、できる限り避けたいですね

朝コーヒーのメリット・効果

朝コーヒーのメリット・効果

朝にコーヒーを飲むことによっていくつかメリットがあると言われています。何もデメリットだけではないんです!

  • ダイエット効果
  • 脳の覚醒

順番に解説していきます!

ダイエット効果

ダイエット効果

コーヒーを飲むことでダイエット効果が期待できることをご存知でしょうか?

コーヒーダイエットとは?

ブラックコーヒーを飲むことで脂肪燃焼効果を高めるというもので、コーヒーに含まれるカフェインを始めとした各成分がその効果を高めてくれます。

このようにコーヒーには、肥満になりにくい効果があるようですね。いくらダイエット効果があるからと言ってもたくさん飲めば効果が高くなる訳ではないので、適切な量を飲むようにしましょうね!

コーヒーダイエットに関しての記事は作成中です

脳が覚醒する効果

脳が覚醒する効果

コーヒーには覚醒作用があるカフェインを含んでいます。実際にコーヒーを夜に飲んで眠れなくなった経験があるはずです。

カフェインは摂取してから30分後に効果が現れるので、摂取するタイミングは重要になってきます。朝一に飲むのは、コルチゾールの分泌を加速させてしまうだけなので、避けることは忘れずに。

覚醒する効果を活かす飲むタイミング

・昼寝前

昼寝前にコーヒーを飲むことで、長時間眠ること無く起きることができます。ちょっとした仮眠を取る前などに飲むと良いです!

朝にコーヒーを飲むときに気をつけること

朝にコーヒーだけ飲まない

朝にコーヒーだけ飲まない

なるべく朝にコーヒーだけを飲むということがないようにしてください。朝にしっかりとご飯を食べることはとても意味があることです。

朝ごはんを抜くことのデメリット
  1. 集中力や記憶力の低下
  2. イライラ
  3. 仕事がはかどらない

これらのデメリットをコーヒーを飲むだけではとても挽回することはできません。いくら朝に時間が無くとも朝ご飯をしっかりと食べるようにしましょうね!

朝ご飯はとても重要です!

朝コーヒーの代わりになるもの

カフェインレスコーヒー

カフェインレスコーヒー

朝に普通のコーヒーを飲んでしまうと、腹痛や血糖値上昇、うつ病などの精神的病気にかかるリスクが少なからず上ってしまいます。そこで、コーヒーに含まれるカフェインを抑えたカフェインレスコーヒーを飲めば問題ありません。

カフェインレスコーヒーにすることで、自分の体に害をもたらすカフェイン等の成分が入っていないため、なんの心配も無く朝にコーヒーを飲むことができます。

朝にコーヒーを飲む習慣がついてしまっている人にはカフェインレスコーヒーをおすすめしたいです。自分の体に気を付けたいという方はぜひ一度試してみてください!

朝にコーヒーは体に気をつけよう

朝にコーヒーは体に気をつけよう

朝にコーヒーを飲むことは一見なんの問題もないように思えますが、実は体に影響があるんです。「腹痛」「精神的病気」「血糖値上昇」など、避けたいリスクが多いんですよね。

腹痛とか通勤中にはなりたくないですからね笑

なるべく朝にコーヒーを飲むことを避けるか、カフェインレスコーヒーを飲むことでリスクを回避することができるので、できることをやっていきましょう!

それでは楽しいコーヒーライフを!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる