【下痢から開放!】コーヒーを飲んで下痢になる原因から対処法まで解説!

コーヒーを飲むと下痢になってしまう理由が知りたいな。対処法があれば知りたい!

こんな疑問に答えます。

本記事の内容
  • コーヒーで下痢になる原因
  • コーヒーで下痢になった時の対処法
  • 下痢に悩まされずに飲む方法

コーヒーを普段飲んでいるけれど、飲む度にお腹を下してしまうことに悩んでいる方は意外と多いはずです。コーヒーを飲みたいけど、腹痛で飲めないのは、なんとかしたいですよね!

本記事を書いている僕もコーヒーが大好きなのにも関わらず、コーヒーを飲んだあとの下痢に悩まされていましたが、いくつか改善することによって腹痛を抑えることができました。

そこで、コーヒーを飲んだあとに来る腹痛や下痢に対しての対処法について解説していきます!

目次

コーヒーで下痢になる原因

コーヒーの成分

コーヒーにはいくつか胃腸を刺激する成分が含まれています。「カフェイン」「クロロゲン酸」「タンニン」です。

カフェイン:胃酸の分泌を活性化させる

クロロゲン酸:胃酸の分泌を増進

タンニン:腸の粘膜を刺激

これら3つの成分はどれも胃腸を刺激する成分になるので、どうしてもお腹には影響が出やすくなってしまいます。

特にカフェインには交換神経を刺激する特徴があるため、胃腸のサイクルが乱れやすくなります。それによって水分を上手く腸が吸収できなくなり、下痢を引き起こしてしまいます。

コーヒーを飲みすぎると胃腸の乱れが激しくなるので、その分腹痛が辛くなります…

体質

コーヒーを飲んで腹痛や下痢を引き起こした人の中には体質によって起こったことかも知れません。「コーヒーアレルギー」、「過敏性腸症候群」が考えられます。

コーヒーアレルギーとはコーヒーを飲むことで体調が悪くなったりする症状が出ることを言います。吐き気、蕁麻疹、せき、腹痛などの症状が出てきます。

コーヒーを飲む度にこれらの症状が出てくるのであれば、アレルギーを疑ったほうがいいかも知れません。コーヒーアレルギーに関しては「コーヒーアレルギーとは?その症状と検査方法について」の記事で詳しく書かれてあります。

過敏性腸症候群はストレスや緊張によって起こる腹痛です。食事をするだけで、腹痛に襲われるので中にはコーヒーを飲む子で激しい腹痛に襲われる人もいます。

コーヒーを飲んで下痢になる原因

  • コーヒーに含まれる胃腸への刺激がある成分
  • コーヒーアレルギー、腸が過敏な人

コーヒーによる下痢を防ぐ対策

コーヒーによる下痢を防ぐ対策

アイスではなくホットにする

コーヒーを飲むときにはできる限り、アイスコーヒーではなくホットコーヒーにしておきましょう。お腹が弱い人であれば、すでに実践しているかも知れませんが、アイスよりもホットの方が腹痛になりにくいです。

冷たいコーヒーは、「冷たい」だけでも胃腸に刺激を与えるので、暖かいほうが胃腸に優しいです。冷えは消化器系の低下に影響するので、下痢を引き起こしやすいです。

飲みすぎない

コーヒーを飲みすぎると、「カフェイン」などの胃腸を刺激する成分を過剰に取ることになる、腹痛を引き起こしてしますので、気をつける必要があります。

個人差はあると思いますが、コーヒーは一日に3杯~4杯くらいが適量であると言われています。

すでに腹痛に悩まれている方であれば、自分が何杯飲んだら下痢になるかどうかはもうすでに分かっていると思うので、自分の体と相談して飲みすぎないように注意しましょう。

コーヒーのを一日あたり飲める量

3杯~4杯、最大400 mg/日

空腹時には飲まない

コーヒーを空腹時に飲んでしまうと、胃を直接刺激してしまいます。そのため、胃が過剰に胃液を出し腹痛に繋がります。

コーヒーを飲む前にクッキーなどのお菓子を食べると緩和されるので、何でもいいので一口でも何かをつまむようにしておきましょう。

特に朝一番に飲むのがコーヒーと言う人は気をつけた負がいいですよ。朝市は胃に何も入っていない空きっ腹の状態なので、そこにコーヒーを入れてしまうと胃腸に過剰な刺激を与えてしまいます。

朝にコーヒーを飲みたいという人は、せめて朝食を摂ったあとに飲むようにしましょう!

コーヒーによる下痢を防ぐ対策

  • アイスではなくホットにする
  • 飲みすぎない
  • 空腹時には飲まない

コーヒーで下痢になった時の対処方法

コーヒーで下痢になった時の対処方法

温かい飲み物を飲む

コーヒーで下痢になってお腹の調子が崩れてしまったときは、温かい飲み物を飲むようにしてください。カフェインや乳製品等、胃腸を刺激するものは控えてください。

暖かい飲み物で言えば、白湯など刺激を与えない飲み物にするようにしてくださいね!ほうじ茶やルイボスティー、麦茶などのお茶も大丈夫です!

温めることで胃腸を和らげることができるので、腹痛が緩和されます。下痢になったときは、冷たいものではなく温かいのみものを飲みましょう!

下痢になりにくいコーヒー

下痢になりにくいコーヒー

カフェインレスコーヒー

腹痛を改善してどうにかしてコーヒーを飲みたいという人は、カフェインレスコーヒーがおすすめです。

カフェインによる体への影響
  • 覚醒作用
  • 血管拡張作用
  • 交感神経刺激
  • 胃酸分泌促進作用
  • 利尿作用

カフェインはかなり多くの効果を持っているので、過剰に摂ってしまうと胃腸のサイクルが乱れて下痢を引き起こしてしまいます。そこで、カフェインが少ないコーヒーを飲むことで胃腸への刺激を抑えることができます。

カフェインレスコーヒーは味や香りが劣っている印象がありますが、今は技術が進化しており美味しくコーヒーを味わうことができます。腹痛で悩まれているのであれば、刺激の少ないカフェインレスコーヒーを試してみてください!

下痢に悩まずにコーヒーを楽しもう!

コーヒーによる下痢や腹痛はある程度の対策をすることで緩和することができますよ!

吐き気や蕁麻疹などの症状がでているようであれば、病院へ行って診てもらってください。アレルギーであれば命に関わるので、無理しないように気をつけましょう。

アレルギー症状が出ないのであれば、飲みすぎなかったり、飲むタイミングを気をつける、カフェインレスコーヒーに切り替える等、対策をしていけば緩和することはできるので、自分の体と相談しつつ改善していきましょう!

それでは良いコーヒーライフを!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる