コーヒーを飲むと太る?痩せるのは嘘?【対策や飲み方について解説】

コーヒーを飲むと太るのは本当?太らない対策はあるのかな?

コーヒーを飲むと太ると言われると、不安になりますよね。勉強、職場、カフェなど日常的にコーヒーを飲む機会は沢山あります。特に大学生や社会人の人は飲む時が多いと思うので、しっかりと対策や知識を得ておくことが大切です。

「本記事ではコーヒーを飲むと太るのか?」「太らない対策は?」など、網羅的にコーヒーに関して解説しているので、ぜひご覧ください。

目次

コーヒーを飲むと太るのか?

コーヒーを飲むと太るのか?

コーヒーを飲むと太るかどうかは、正直コーヒーの飲み方によります。考えられる原因としては、主に3つあります。

  1. カフェインの取りすぎ
  2. 砂糖やミルクを入れすぎている
  3. 睡眠の質が悪い

コーヒーを飲みすぎか、甘いカフェオレのようなコーヒーを飲んでいるかが考えられます。以下で太る飲み方に関して解説していきます。

 コーヒーの太る飲み方

コーヒーの太る飲み方

カフェイン取りすぎ

カフェインには脂肪燃焼効果がありますが、カフェインを取りすぎてしまうと、逆に太りやすくなってしまいます。カフェインを取りすぎてしまうと、「成長ホルモンが促進抑制される」「コルチゾールが増加する」してしまいます。

成長ホルモンが促進されないと、脂肪燃焼効果が期待できなくなります。夜に成長ホルモンが分泌されますが、脂肪燃焼効果の働きがあるホルモンであるため、抑制してしまうと太りやすくなります。

また、コルチゾールが増加すると脂肪を溜め込みやすくなります。コルチゾールが増加すると代謝が悪くなってしまいます。

カフェインのとりすぎには気をつけよう!

砂糖やミルクを入れすぎ

砂糖やミルクを入れすぎているために、過剰にカロリーを摂取してることがあります。ブラックコーヒーであれば、1杯のカロリーは4kcal程です。

しかし、砂糖やミルクを加えることでカロリーが何倍にも大きくなります。カフェラテと言った甘いコーヒーの種類はかなりカロリーが高いです。

スタバの美味しそうなフラペチーノとかもカロリーとしては約300kcalにもなります。しっかりと意識しないと、甘いコーヒーを楽しんでしまい気づけば太っている状況になりかねません。

砂糖とミルクの入れすぎや多く入っている飲み物には気をつけましょう。

お菓子と一緒に飲んでいる

コーヒーと一緒にお菓子を食べているとかなりカロリーを取ることになります。

お菓子のカロリーも軽く見れません。お菓子によってはかなり高いカロリーの食べ物もあります。休憩中にお菓子とコーヒーを飲むことを習慣にしている人は要注意です。

コーヒーは飲み方によっては太らず痩せる

コーヒーは飲み方によっては太らず痩せる

飲むタイミング

コーヒーを飲むタイミングを変えるだけで、痩せる効果を期待できます。

ダイエットを意識してコーヒーを飲まれているのであれば、できる限り食後30分後に飲むようにしましょう。

また、運動の後か前に飲むことでも効果は高まるので運動る際にもコーヒーを飲んでみてください。朝のランニング後でも良いですよ!

飲むタイミングによって得られる効果は変わってきます。

脂肪燃焼効果

>>食後30分後、運動前、運動後

コーヒーダイエット

コーヒーダイエット
  • ブラックコーヒーダイエット
  • バターコーヒーダイエット

コーヒーは含まれる成分に脂肪燃焼作用があることから、ダイエットをする方法として用いられています。「ブラックコーヒーダイエット」「バターコーヒーダイエット」の主に2つに分けられます。

ブラックコーヒーダイエット

コーヒーを飲むことで得られる痩せる効果は主に4つあります。

  • カフェインによる脂肪分解
  • クロロゲン酸による脂肪分解
  • 血行促進
  • 老廃物を流す

これらの効果がコーヒーにあるため、ダイエット効果が期待できます。できれば、砂糖やミルクを入れずに飲めば、ブラックコーヒー1杯は4kcalなので、カロリーを気にする必要もありません。

カロリーは小さいですし、飲むだけで脂肪分解を促進することができるのでおすすめです。飲み過ぎには気をつけないとだめですけどね!

バターコーヒーダイエット

バターコーヒーとは「MCTオイル」と呼ばれるココナッツ由来のオイルと「グラスフェッドバター」という少し高級なバターを混ぜて作るコーヒーのことです。

バターコーヒーは飲むことで、痩せやすくなり集中力が高くなる効果があるため、「完全無欠コーヒー」とも呼ばれています。「MCTオイル」と「グラスフェッドバター」の効果を以下に示します。

成分効果
MCTオイルダイエットや糖質制限中のエネルギー補給
疲れにくく、疲労回復しやすい体作りをサポート
脳のエネルギー補給・認知症予防
グラスフェッドバター中性脂肪を減らす
基礎代謝アップ
脂肪のため込みを防止
アンチエイジング

バターコーヒーを毎朝健康のために飲んでいる人もいるほどです。自分の体が目に見えて「痩せた」とわからなくても、体にとっては良いということです。

適切な飲み方をすれば、ダイエット効果を狙うことができるコーヒーです!

コーヒーで太ることに関する疑問

コーヒーで太ることに関する疑問

コーヒーを夜に飲むと太るの?

コーヒーを夜に飲むと、太る可能性が高いです。

コーヒーの太る原因として挙げましたが、夜遅くにコーヒーを飲むことで睡眠の質を下げてしまいます。睡眠の質を下げることで、うまく脂肪を燃焼することができなくなります。

できる限り夜遅くにコーヒーを飲むことはやめておきましょう。

食後にコーヒーを飲むと太るのは本当?

コーヒーを食後に飲むと、タイミングによっては太るどころか痩せる効果があります。食後30分後に飲むと痩せる効果を高く期待できます!

また、運動の前後にも飲むことで脂肪燃焼効果を上げることができます。コーヒーには食後に飲むと痩せる効果があるので、心配する必要はありません。

食後のコーヒーに関しては「食後にコーヒーを飲むとメリットがある?理由や効果を解説します

あわせて読みたい
食後にコーヒーを飲むとメリットがある?理由や効果を解説します 食後にコーヒーを飲むとメリットあるのかな?良いと言われているのはなぜ? こんな疑問に答えます。 食後にコーヒーを飲むことは一般的に良いことだとされています。そ...

コーヒーをうまく飲んで太らないようにしよう

コーヒーは飲み方によって太りやすくなったり、痩せる効果を期待できるようになります。適切な飲み方、タイミングを理解した上でコーヒーを飲んでいきましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる