毎日コーヒーを飲むことの影響【メリットからデメリット、対策まで解説】

コーヒーが好きで毎日飲んでいるけど、健康面の影響がきになるな。毎日飲む上でメリットやデメリットがあれば教えてほしい!

こんな疑問に答えます。

コーヒーが好きで毎日飲んでいると、カフェイン中毒やコーヒーに含まれている成分の影響を気にしますよね。どんなに好きでも、自分の体へ悪影響があるならやめたいですよね。

結論言うと、適切な量を守れば問題はありません。しかし、コーヒーには刺激の強い成分が多く含まれているので、過剰に摂取してしまうと悪影響が出てきます。

毎日コーヒーを飲む上で、注意すべきことや期待できることも解説しているので、最後まで御覧ください!

目次

コーヒーを毎日飲むデメリット

コーヒーを毎日飲むデメリット

カフェイン中毒になる危険性

コーヒーには多くのカフェインが含まれています。

カフェイン含有量
  • コーヒー豆:
  • インスタントコーヒー:

一日に何度もコーヒーを飲んでいると、それだけカフェイン摂取量は大きくなってきます。社会人の人は勤務中にコーヒーをマイボトルに淹れたり、社内で飲んでいる人が多いと思いますが、飲む量には気をつけましょうね。

カフェイン中毒になると、日常生活にも問題を及ぼしかねません。

症状
  • 落ち着きがない
  • 興奮
  • 不眠
  • 顔面紅潮

出てくる症状は沢山あります。カフェインには脳の覚醒させる効果があるため夜遅くに飲んでしまうと、良い睡眠を取ることができません。毎日コーヒーを飲んでいる人で寝付きが悪い人は、コーヒーが原因かも知れません。心配であれば病院へいきましょう。

歯が黄ばむ

コーヒーはポリフェノールやタンニンを含んでいるため、普段から飲んでいると歯が黄ばんでしまいます。

対策としては、歯のホワイトニング」、「歯磨き」の2つです。歯磨きはコーヒーを飲んだ後にすぐすることで、着色しづらくさせます。歯磨きをするのが難しけれが、ガムを噛んだり口をゆすげば多少緩和されます。

もうすでに、コーヒーを飲んでいるために歯が黄ばんでしまった人は歯のホワイトニングをしましょう。ホワイトニングはクリニックでもできますが、自宅でも可能です。歯の汚れが気になる人は、実践してみてください!

対策:歯ブラシ、ガム、口をゆすぐ

黄ばみを落とす:クリニック、歯磨き

コーヒーを毎日飲むメリット

コーヒーを毎日飲むメリット

ダイエット効果

クロロゲン酸は脂肪燃焼作用を持っているため、コーヒーを飲むことで脂肪を燃焼しやすい状態にすることができます。

運動した後やする前に飲むと効果を期待できますね!また、カフェインといった交感神経を刺激する成分がありますが、これらも脂肪の代謝を助けてくれます。

脳を覚醒してくれる

コーヒーに含まれるカフェインには脳を覚醒させる働きがあります。いつも昼食後の仕事や勉強等やらなければいけない事があるのに眠ってしまう人は効果抜群です!

しかし、夜遅くにコーヒーを飲んでしまうと、眠れなくなって仕事や学校に行けなくなるので、飲む時間帯は気にしましょう。

カフェインと聞くと中毒性を疑う人もいるかも知れませんが、適量を飲めば大丈夫です!眠気を覚ましで飲む時は、一杯のコーヒーを飲めばOKです!

うつ病の予防

コーヒーを飲んでいる人の方がうつ病になりづらい研究結果があります。今の働きざかりのサラリーマンにはなくてはならない飲み物になりつつあるかも知れません。

うつ病の原因としてドーパミンの減少が挙げられますが、コーヒーにはドーパミンを促進させる働きがあるので、うつ病予防として適策です。リラックス効果もあるため、ストレスがかかっても落ち着かせてくれます。

コーヒーを毎日飲む注意点

コーヒーを毎日飲む注意点

適量を飲む

コーヒーは適切な量を飲まなくてはメリットではなくデメリットのほうが大きくなっていしますので、しっかりと量を守って飲むようにしましょう。

特にカフェインに関しては取りすぎると、中毒になってしまいますし、摂取量に関しては注意しましょう。

コーヒーの一日摂取量

400mg / カップ2~3杯まで

もし、コーヒーを一日に5~6杯飲んでいる人で、これ以上少なくするのは難しいということであれば、カフェインが少ない「カフェインレスコーヒー」があります。カフェインレスであれば、普通のコーヒーより含有量が少ないため、3杯以上を飲むことができます。

コーヒーを沢山飲みたい人はおすすめ!

適切なタイミングで飲む

コーヒーを飲む上で、適切な量があるのはもちろんですが、飲むタイミングにも良い悪いがあります。例えば、夜に飲むと脳が覚醒して不眠になることもあります。飲むタイミングは知っておきましょう。

効果飲むタイミング
脂肪燃焼食後30分以内
ダイエット運動する前、した後
二日酔いお酒を沢山飲んだ後
リラックス効果休憩時間

コーヒーには得られる効果が多いため、飲むタイミングを見計らうことで効果を最大限得ることができます。しかし、ダイエットしたいからと言って、一度に沢山飲んでしまうと、腹痛や下痢の原因になるのでご注意を。

適度な量のコーヒーを飲もう!

コーヒーは飲みすぎてしまうと、カフェイン中毒や腹痛と言った症状が出てきてしまいますが、適切な量を摂取していれば悪影響は大きくありあません。

飲み過ぎが怖い人やいきなり飲む量を少なくすることが難しい人は、カフェインレスコーヒーで代用するとか、対策をして行きましょう。適度に飲むことで、ダイエット効果や美肌効果、脂肪燃焼の効果を得ることができます。

毎日コーヒーを飲むことは全く悪いことではないですが、摂取量だけはしっかりと気をつけてください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる