コーヒー便利グッズを6個紹介!【コーヒー好きが解説】

コーヒーを淹れるときに便利になるグッズがあればいいなぁ

こんな疑問に答えます。

コーヒーを入れるのって何かと手間がかかりますよね。時間をかけて淹れるものもちろん楽しいですが、効率よく入れたいという人もいるはず。

本記事では、コーヒーを便利に淹れるグッズや、コーヒーを飲むのを楽にするグッズを紹介しています。

目次

コーヒー便利グッズ6選

インスタントコーヒーキャップ

インスタントコーヒーを入れるときに、一回淹れるごとに測るのはめんどくさいですよね。このキャップを使うことで、コーヒー一杯に必要な量を簡単に入れることができます。

使い方はキャップが対応できる範囲の保存容器に取り付けるだけ!淹れるときに、一振りするだけで適量を淹れることができます。

100均で買うことができる便利グッズです!

家の近くに100均があれば、買いに行ってみてくださいね!

売っている100均ショップ
  • ダイソー
  • キャンドゥ
  • セリア

コーヒーキャニスター

コーヒーキャニスターはコーヒー豆を保存する容器です。コーヒーの天敵である湿気と酸素から守れます。

コーヒー豆を適当に保存している人や、市販の容器でインスタントを淹れている人は、いつも袋の入り口付近に湿気たコーヒーがついていませんか?

雑に保存してしまうと、せっかくのコーヒーが美味しく飲めないのでキャニスターで丁寧に保存しましょう!

カリタ コーヒーメジャー

コーヒーメジャーはコーヒー豆や粉の適量を測ってくれます。

すりきりが10gなので、淹れすぎることはないですし、カフェインが気になる人も適量なので気にする心配もありません。

キャニスターで保存してる豆も取りやすくなるのでおすすめです!

タンブラー

コンビニコーヒーやドトールコーヒーを勉強するときに飲む人は多いと思いますが、どうしても結露がでてきて、手元のプリントを濡らしてしまう経験はないですか?

タンブラーを使うことで、それを入れることができ結露からプリントを守ることができます。見た目もおしゃれなので、使いたい人も多いのではないでしょうか?

水出し珈琲ポット

お湯からコーヒーを淹れるのではなく、水からコーヒーを淹れます。用意するものはコーヒーの粉とポットだけです。

ポットに淹れた水に対して適量のコーヒーの粉を淹れましょう。8時間程度冷蔵庫に淹れるだけで水出しコーヒーの完成です。

コーヒーかす消臭ポット

コーヒー豆を挽いて、コーヒーを淹れた後に出てくる「かす」ですが、そのまま捨てるのはもったいないです。

コーヒーかすには消臭効果があり、うまく活用すれば家の嫌な匂いを防臭してくれます。便利グッズの中には「かす」を活かせるものがあるので紹介します。

このグッズは淹れ終わった紙フィルターのまま、かすを入れることができるので準備に時間もかかりません。

豆を挽いて淹れている人は、コーヒーかす消臭ポットを使うことはおすすめです!

コーヒーライフを便利グッズで楽しもう!

コーヒーの便利グッズを買うことで日々のコーヒーライフを楽しむことができます。

コーヒーに時間をかけたいけど、こだわりたい人や効率よく淹れたいという人は、ぜひ便利グッズを使ってみてください!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる