コーヒーが飲めない!?苦手・嫌いな人に向けてコーヒーを克服する方法を解説

コーヒーを飲めるようにするにはどうすれば良いんだろう?コーヒーが飲めないって少数派?

こんな疑問に答えます。

コーヒーを飲めない人は、周りが大学生や社会人になっていくにつれてコーヒーを飲むようになる人が多くなり、飲めないことに焦りを覚えてしまう人もいると思います。

コーヒーは無理をして飲むものではないですし、体への影響はすくなからずあるので、どうしても気になる人は飲む必要はありません。

しかし、少しでもコーヒーに対して興味を持っている人がいるのであれば、一度克服してみてはどうでしょうか?

本記事ではコーヒーが飲めない理由から解決方法まで解説しています。本記事を通して飲めないコーヒーにチャレンジするきっかけを作れたらとてもうれしく思います。

目次

コーヒーを飲んでいる割合

コーヒーを飲んでいる割合

コーヒーが飲めない人は実際にどれくらいの人が飲んでいるのか気になると思います。そこで、年代別で調査した結果があるので紹介します。

【コーヒーを飲む人の割合】

<10代> 66.4%

<20代> 72.2%

<30代> 79.7%

<40代> 89.2%

https://lab.testee.co/coffee_2020

実際にコーヒーを飲んでいる人の方が大多数だと言うことがわかりました。年齢を重ねるごとにコーヒーを飲むようになるのは社会人になってコーヒーを飲むようになったからだと考えられます。

10代はやっぱり飲んでいる人は少ないですね。10代の頃でコーヒーの美味しさを知っている人は少ないためだと思われます。

コーヒーを飲めない人の特徴

コーヒーを飲めない原因

苦味

コーヒーを飲めない理由として「苦い」ことが挙げられます。一番多いのがこの理由です。

実際にコーヒー嫌いの友達に聞いたところ「苦いから」と言った答えが帰ってきました。好き好んで苦い物を飲むなんて、コーヒー嫌いからしたら理解できないみたいです。

しかし、年代が上っていくごとに飲んでいる人の割合が増加しているので、コーヒーの苦味も乗り越える人もいるのかなと思います。

腹痛、下痢

人によってはコーヒーを飲むことによって腹痛や下痢を引き起こしてしまう人がいます。こういった人は日常的にお腹が弱い体質の可能性が高いです。

コーヒーには胃腸へ刺激を与えてしまうカフェインといった成分が含まれており、それが人によって過剰に反応してしまうために下痢を引き起こしてしまいます。

コーヒーで下痢を起こしてしまう人は、「コーヒーを飲んで下痢になる原因から対処法まで解説!【腹痛になりにくいコーヒーも紹介】」にて解説しているので参考にしてくださいね!

カフェイン

コーヒーの成分には「カフェイン」が多く含まれおり、体へ良い影響や悪い影響を与えます。

カフェインの悪い影響

  • 腹痛を起こす原因となる
  • 夜に飲むと眠れなくなる
  • めまい
  • 下痢

これほど体に与える影響があるため、カフェインは一日にとって良い適正量が定められています。

コーヒーのを一日あたり飲める量

3杯~4杯、最大カフェイン400 mg/日

コーヒーを一日に3杯ほど飲んでしまえば、適正量を満たしてしまいます。飲む量に気をつけたら大丈夫だということを知っておきましょう。

コーヒーを飲めるようにする方法

砂糖や牛乳を飲む
  • 砂糖や牛乳を飲む
  • 喫茶店に行く
  • スタバに行く

コーヒーを克服する方法は主に3つあります。

以下で順番に解説していきます!

砂糖や牛乳を飲む

苦味や味が苦手という人は砂糖や牛乳を入れることで、味を変えて苦味を和らげましょう。もしかしたらある日飲んだブラックコーヒーが原因で飲めなくなっているかも知れませんからね笑

喫茶店に行く

喫茶店に友達と行くことで、コーヒー嫌いを克服できる可能性があります。喫茶店では豆を焙煎するところを見れるという楽しさもありますし、何よりも自分で入れたインスタントのコーヒーよりも美味しいです。

苦いという人なら、甘いコーヒーを注文すればOKです。喫茶店には沢山の種類のコーヒーがあるので、苦手意識がある人でも十分コーヒーを克服するきっかけになるはずです。

スタバに行く

スタバにいくと様々なコーヒーの種類があります。少なくとも1つくらいは飲めそうなドリンクはあるはずです。

勉強するためやインスタの写真を取るためとか、様々なことを理由にしてスタバに行くことは可能です。

変に緊張せずに行けるのはメリットですね!

コーヒーが嫌いだけど、スタバには行くという人がいるほどです。行きやすい店でコーヒーが売られているのであれば、チャレンジしやすいと思います。

コーヒーが体質的に飲めない場合

コーヒーが体質的に飲めない場合があります。それはコーヒーアレルギーです。

コーヒーアレルギーとは?

コーヒーを飲むと蕁麻疹や嘔吐、下痢など体調が悪くなる症状が出ること

これは体質的な問題であるため、どうにかできる問題ではありません。どうしてもコーヒーを飲むと気持ちが悪くなったり、体調が優れない時はすぐに飲むのを辞めて病院へ行きましょう。

無理をして飲んではだめです!

コーヒーは飲みたくなったら飲めば良い

コーヒーは飲みたくなったら飲めば良い

コーヒーは何も無理に飲む飲み物ではありません。飲みたいときに飲む物です。

コーヒー好きの自分としても、コーヒーを嫌いになって欲しくないですし、せっかく興味を持ったり、苦手を克服しようとしている人を遠ざけることは避けたいです。

「飲みたいな…」と思ったときに飲めばOKです!

美味しくコーヒーを飲みましょうね!それでは良いコーヒーライフを!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる