食後にコーヒーを飲むとメリットがある?理由や効果を解説します

食後,コーヒー

食後にコーヒーを飲むとメリットあるのかな?良いと言われているのはなぜ?

こんな疑問に答えます。

食後にコーヒーを飲むことは一般的に良いことだとされています。それを耳にして本当なのか?または単純にコーヒーを飲むタイミングは食後で良いのか気になる人がいると思います。

本記事では、コーヒーを食後に飲むことのメリット、デメリット等詳しく解説しているので、ぜひ御覧ください。

目次

食後にコーヒーを飲むのはなぜ?

食後にコーヒーを飲むのはなぜ?

食後にコーヒーを飲むのは空腹の状態に飲んでしまうと、胃腸が荒れてしまうことがあるからです。コーヒーにはポリフェノールやカフェインが含まれており、どの成分も胃腸に対して刺激を与えてしまいます。

胃腸が荒れてしまうと、腹痛を引き起こしてしまったりするため体に負担をかけてしまいます。

また、食後にコーヒーを飲むことで得られる効果が4つもあります。

  • リラックス効果
  • 眠気覚まし
  • ダイエット効果
  • 血糖値の上昇を抑える

コーヒーには様々な成分が含まれており、デメリットももちろんありますがメリットの方が大きいので食後に飲んだ方が良いと言われています。

食後にコーヒーを飲むメリット

食後にコーヒーを飲むメリット

リラックス効果

コーヒーの香りをかいだときに脳がリラックスした状態になることがわかっています。

また、集中しているときにコーヒーの香りかぐと計算処理や認知能力があがったことも実験結果としてわかっています。

食後に勉強や仕事がある人はコーヒーを一杯飲んで取り組んだり、片手にコーヒーを一杯起きながら取り組むと集中力が向上します。

眠気覚まし

コーヒーに含まれるカフェインには脳を覚醒させる働きがあります。いつも昼食後の仕事や勉強等やらなければいけない事があるのに眠ってしまう人は効果抜群です!

しかし、よる勉強を頑張るためにコーヒーを飲んでしまうと、眠れなくなって仕事や学校に行けないので、飲む時間帯は気にしましょう。

カフェインと聞くと中毒性を疑う人もいるかも知れませんが、適量を飲めば大丈夫なので眠気を覚ましたい方は、一杯のコーヒーを飲むことをおすすめします!

美容とダイエット効果

クロロゲン酸は脂肪燃焼作用を持っているため、コーヒーを飲むことで脂肪を燃焼しやすい状態にすることができます。

運動した後やする前に飲むと効果を期待できますね!また、カフェインといった交感神経を刺激する成分がありますが、これらも脂肪の代謝を助けてくれます。

コーヒーって割とダイエット効果高くない!?

最近よく聞くカフェインレスコーヒーでも、普通のコーヒーと変わらず脂肪燃焼作用があることがわかっているのでカフェインレスでも効果は期待できます。

血糖値の上昇を抑える

ポリフェノールの働きによって血糖値を抑えることができます。コーヒーは食品のなかでも手軽にポリフェノールを摂取できるため、糖尿病など気になっている方はコーヒーを飲むと良いですね。

しかし、いくら血糖値の上昇を抑える働きを持っていたとしても、砂糖を沢山入れて飲んでしまってはその効果を薄くしてしていまいます。

砂糖は適量にしましょうね!

食後にコーヒーを飲むデメリット

腹痛

コーヒーを飲むことのデメリットでもあるのが腹痛ですよね。せっかくメリットで挙げたような効果がコーヒーにはあるのに腹痛を引き起こし、下痢につながってしまいます。

食後に予定や会議がある人は、自分のお腹と相談しながら飲みましょう。プレゼン前とか緊張での腹痛とコーヒーの腹痛で大ダメージを負ってしまいます。

コーヒーを飲むタイミングはしっかりと見極めるようにしましょう。

コーヒーを飲んで下痢になってしまう人は、「コーヒーを飲んで下痢になる原因から対処法まで解説!【腹痛になりにくいコーヒーも紹介】」の記事にて原因から解決方法まで解説しているので、御覧ください。

鉄分の吸収を阻害

コーヒーの成分の1つである「タンニン」が鉄分の吸収を阻害します。鉄分を取れないと貧血になってしまうので、飲み過ぎには気をつけるようにしましょう。

対策としては深入りのコーヒーを飲むことが挙げられます。コーヒー豆は焙煎するほどタンニンがなくなるため、鉄分不足にナルことを心配する必要はほとんどなくなります。

貧血気味の人は気をつけたほうが良いかも知れませんね。

食後にコーヒーを飲むタイミング

お酒を飲んだ時

コーヒーに含まれるカフェインには、肝臓でのアルコールを分解する作用を促進する働きがあります。更に利尿作用もあるのでアルコール分解後の老廃物も体外へ排出しやすくなります。

老廃ぶつを利尿作用によって流しやすくなるということは、腕や顔のむくみを予防する作用もあので、美容意識がある人は嬉しい限りです。

二日酔い予防にもつながるので、お酒を飲みすぎてしまったらコーヒーを一杯飲むと変わるかも知れませんね。

ポイント
  • 二日酔い予防になる
  • 体の老廃物を利尿作用によって流しやすくなる

ダイエット効果を狙う時

コーヒーを飲むことでダイエット効果があるのですが、最も効果が高くなると言われているのが食後の30分後だと言われています。

ダイエットを意識してコーヒーを飲まれているのであれば、できる限り食後30分後に飲むようにしましょう。

また、運動の後か前に飲むことでも効果は高まるので運動る際にもコーヒーを飲んでみてください。朝のランニング後でも良いですよ!

ポイント
  • 食後30分に飲むとダイエット効果が高まる
  • 運動の前か後に飲むと効果が上がる

食後にコーヒーを飲んで食事を終えよう

食後にコーヒーを飲むことによって体にとって良い効果を得ることができることが分かりました。

メリットまとめ
  • リラックス効果
  • 眠気覚まし
  • ダイエット効果
  • 血糖値の上昇を抑える

食後にコーヒーを飲んで一日頑張りましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる